物件に応じた表示方法|マンション売却の流れを前もっておさえておく

マンション売却の流れを前もっておさえておく

積み木

物件に応じた表示方法

インテリア

埼玉で不動産を購入する際に目にする不動産広告ですが、広告に情報を掲載する際には大きく分けて三つの分類があります。それは、新築分譲物件、中古マンション、中古一戸建てに分けられます。埼玉の不動産広告を参照する際には、この分類ごとに異なる観点を持つことが大切です。
まずは新築分譲物件の特徴についてお知らせします。新築分譲物件は、特に中古物件との差別化を意識して参照する必要があります。まず取り上げられるのは、総区画数と今回販売区画数という情報です。総区画数は、区域内の全ての区画数となり、今回販売区画数とはそのうち広告掲載時点で販売を予定している区画数となります。次に取り上げるのは、価格・その他費用という情報です。新築分譲物件に関しては、物件の数が多数となります。その際は、この欄で扱われる情報は最低価格、最高価格となります。そこから導き出される最多価格帯と物件数についても表示されます。通常であればすべての物件についての価格が表示されますが、新築分譲物件に関しては表示方法が少し異なるというわけです。
次に、中古マンションの特徴についてお知らせします。まず取り上げるのは専有面積の情報です。これは、バルコニーなどの共有部分を省いた買い手が専有できる面積が表示されます。最後に、中古一戸建ての特徴についてお知らせします。特徴的な表記として、私道負担という情報が挙げられます。これは、埼玉で購入を考える不動産の対象となる土地に私道が含まれる際に表示されるものです。敷地面積と分けて表示されます。
上記でお伝えした情報以外にも多くのチェックポイントがあります。埼玉で不動産を購入しようとお考えの際には、対象となる物件ごとで目線を変えてみるとより正確な情報が得られることでしょう。